石油王の横で眠りたい

2000年生まれ、備忘録

この色を探して 02

名前を探しても、そいつは見つからない。

荻原綾斗という名前は早々にクラス名簿から消え去った。

 

「残してやってもよかったのに」

 

自分本位に発せられる「やっても」という言葉が気に入らなくて、彩は再び唇を強く結う。

綾斗、という名前を頭で反芻する。

 

綾斗、綾と、あや、と、あやと。あ、こいつが私に話しかけてきたの、名前がきっかけだったな。

 

入学してすぐのHRが終わった。ぞろぞろと体育館から出ていく人。その中で彩は重い足を引きずっている。所詮惰性の毎日だ。

 

受験に失敗して、彩はこの学校へ来た。彩自身が求めていたような教育ではなく、いわゆる「スタンダード」。教育方針として英語に特化しているだとか、志の高い人があつまるとか、そのようなものでは無い。何に秀でるわけでもない、誰でも入れるような、普通科だった。

 

たどり着いたのは、ともだちづくりが始まった1-3の教室。

 

複雑に配置された「ともだちづくり」を横目に、彩は席へ歩く。

窓際は嫌いではない。一番空に近い気がするからだ。窓から乗り出すと、遠い地面。しかしこの遠い地面こそが空に近づく手段なのだと思うと、この5階の教室も捨てたもんじゃないと思う。そんなことを考えながら、窓とこちらを隔てる手すりをぎり、と握った。

 

「おなじだね」

「え?」

「だから同じ。」

「なにが?」と、言いながら彩は顔をしかめる。わざわざ隣に来て意味のわからない事を発するのは…

「ほら、あやじゃん。「あや」と、「あやと」並べると本当に一緒だ!」

「あや、なんていっぱい居るでしょ。」

「僕が見つけたのは茅野のほうの彩。他の誰でもないんだよ。」

はあ、とため息混じりの疑問符を投げかける。どこか朧気に目線を合わせようとする「荻原綾斗」に。

 

「今日の空は何色?雨は降ってなさそうだけど。」

質問の意味がわからない。

今日は晴天、青にほかならない。ただの青だ。

「…青だよ」

空白を読むように一息ついて、また投げかける。