石油王の横で眠りたい

2000年生まれ、備忘録

わたしの大切な人

わたしの大切な人が、ただただ毎日の幸せを日常と思って過ごせますように。

 

ただ無理せずに笑って、無理せずに泣いて、無理なんてしないでいられますように。

 

美味しいご飯をたべて、面白い本やテレビを見つけて、日々に満足できますように。

 

たまにでいいから一緒にゲームをしたり映画を見たり、ご飯を食べたり歌を歌ったり、何かを共有していられますように。

 

眠りに着くときに、今日も良い1日だったと思いを巡らせて寝ることができますように。

 

素敵な夢に包まれて、明日に希望を持ちますように。

 

悲しいことや、辛いこと、不安なこと、後悔や過去がわたしの大切な人を苦しめませんように。

 

抱えきれないことがあったとしても、溜め込まずに誰かに話せますように。

 

音楽を嫌いになりませんように。

 

ずっと音楽を好きでいて、わたしと聴いた、たくさんの曲をふと思い出してくれますように。

 

忘れることは難しいことを知っているから、無理に忘れようとしないでしょう。でもきっとわたしはいつしか消え去って、不意に訪れる思い出となる。

 

そんな時に、私のこと、嫌いじゃなかったなって思ってくれますように。

 

わたしは与えてもらえてばっかりで、何もできないけれど、願うことしかできないけれど、見えずに溢れていく日常を願うことしか出来ないけれど。

 

あなたの毎日よ、どうか力になってあなたを支えておくれ。

 

私はそばにいれないけれど、どうかわたしの大切な人を包み込んでおくれ。