石油王の横で眠りたい

2000年生まれ、備忘録

作戦:R-1ブロック

今週のお題「体調管理」

 

センター試験という関門が、世の受験生を襲っている1月13日、14日。わたしは受験をしない高校三年生の部類である。しかし、我が高校の9割はセンター受験をするのだから、わたしは少数派である。

と、いっても日々は同様に過ごすわけで(わたしは休日だが)、体調管理には万全を期す必要がある。

 

そこで我がクラスが打ち立てた作戦、「R-1ブロック」である。R-1とは、明治から発売されている、OLL1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトのことである。

OLL1073R-1乳酸菌はブルガリア菌(英語版)の一種で、「EPS」(Exopolysaccharide、菌体外に産生する多糖体(英語版))を多く産生する特性があり、EPSには免疫賦活作用があるとされる。この免疫賦活作用により、免疫力が高まり風邪をひきにくくなること、インフルエンザウイルスに対して感染防御効果をもつことが報告されている。
また、OLL1073R-1で発酵した脱脂粉乳スキムミルク)には、動物実験で関節炎予防効果が報告されており[8]、リウマチモデルにおける過剰なインターロイキン-6(IL-6)、腫瘍壊死因子-α(TNF-α)、インターフェロン-γ(IFN-γ)の産生を抑制することが示されている。
出典:明治ヨーグルトR-1 - Wikipedia

 

効果としてあげられるものは

  1. インフルエンザの予防
  2. ガンの予防
  3. 腸内環境の改善
  4. リウマチの予防
  5. 肌トラブルの予防

である。今回は「体調管理」そして受験期の敵となるインフルエンザ、風邪の予防について少々記す。

 

前述の通り、R-1に含まれる乳酸菌、「EPS」が重要な鍵を握る。EPSは免疫賦活作用を有しているため、風邪、インフルエンザに対する免疫力がアップすることが実証されている。「有田町と周辺地区、佐賀県のインフルエンザ累積感染率」を見ていただきたい。

 

有田町は、給食などで毎日R-1を食べ続けた結果、佐賀県というインフルエンザ感染率が高い県に関わらず、感染率が低い。小学生においては隣接町と比較し、1/10の差である。

 

このように、R-1によるインフルエンザ、風邪ブロックが我がクラスでは推奨されている。大事なイベント、試験、休めない仕事、学校。たくさんあろうかと思う。毎日コツコツ飲み続けることこそが、効果に繋がることは確かである。

 

しかしそれより、食と睡眠、適度な運動が人間の生体における基本である。商品に頼る前に、生活習慣を整えることで、体調管理はより精度を持って有意に運ぶだろうと思う。